水道修理の遅れは二次災害を招きます

住宅で水漏れが発生した際は迅速な修理が必要です

水漏れ箇所がわからない時の対処方法

水漏れ調査を行なっても原因が特定できない場合は、今できる対処法を実施して住宅への被害を軽減する必要があります。

シンク下を確認しても水漏れ箇所が特定できません。
キッチンで水漏れが発生した原因がわからない場合は、ひとまず止水栓を締めることで水が漏れるのを防ぎましょう。止水栓は基本的にどの住宅にも設置してありますが、住宅によっては止水栓が見つけにくいことがあります。その場合は水道の元栓を締めておき、水漏れが発生している場所にバケツなどを置いておくのが最も有効です。

シンク下の水漏れは二次災害のリスクもある

個人で水道修理を試みると必要な道具やパーツが入手できず、修理作業が進まなくなってしまうことがあります。こうなってしまうとトラブルが悪化してしまい、二次災害を発生させてしまうリスクが高くなるので注意が必要です。

二次災害に発展した水漏れの体験談

シンク下に大量のカビが発生していた(40代/水道修理業者)

水道修理を依頼されたので住宅に伺ったところ、水漏れによる湿気が原因でシンク下にカビが発生していました。修理そのものは迅速に完了させることができたのですが、カビによる被害を改善するのに多くの時間と手間がかかってしまいました。しかし、キッチンを元通りの状態に戻すことができたので、依頼者は非常に満足していました。

キッチンのリフォームや大規模修繕に発展した(40代/専業主婦)

シンク下で水漏れが発生していたのですが、漏れる水の量が少ないためそのまま放置していました。その結果キッチン全体にカビが発生してしまい、キッチンリフォームを実施することになっていましました。多額の費用と時間がかかってしまったため、現在は水漏れが始まった段階で修理を依頼しておけばよかったと後悔しています。

TOPボタン